>>TOPページへ戻る


仕事をする上でのアドバイス お客様を自分の家族ようにおもてなしをすることを方針としてやっている株式会社 アートライフ。お客様の話を聞かないと何も出来ないと松本社長は話す。その思いはどのように社員に届いているのか?アートライフの営業担当である、原田さんに聞いてみました。 –原野さんは営業担当とお聞きしましたが、どういった姿勢で仕事をしようと考えていますか? 原野 「僕は営業というよりも、”お客さまの困っていることを解決してあげるという仕事”をしているという意識で働いています。 入社した当時は、目の前にある仕事をこなすのが精一杯で、当時を思い返すと全然足りていませんでした。 当時は、”今日は何…
[続きを読む] (2013年10月21日 掲載)


藤屋印刷が社員に持たせる3つの目標とプロの定義 日向市と宮崎市に営業拠点をもち、それぞれの地域の方に信頼される会社を目指している株式会社 藤屋印刷。38名いる社員にどのようなことを求め、教育しているのか?社長の安藤 公一さんに話をお聞きしました。 -藤屋印刷さんでは、どのような社員教育とおこなっているのでしょうか? 安藤 「社員には3つの目標を持たせるようにしています。 この3つの目標は簡単でないといけないです。簡単でないと日々忘れずに実践が出来ませんので。一つは元気ハツラツであること。健康でないと仕事も出来ないですし、自分も辛いです。常に体の健康と心には気を使ってほしい。 これが大前…
[続きを読む] (2013年10月21日 掲載)


創業138年、明治時代から続く卸問屋。株式会社 江川商店 明治8年創業の卸問屋江川商店とは、どのような会社なのか。また、歴史ある会社を継ぐということはどうことなかのか。江川 昌義(えがわ まさよし)社長にお聞きしました。 江川商店さんの会社概要と仕事内容 江川 「うちは酒と食品の卸問屋をしておりまして、メーカーから仕入れたものを業者さんに卸すという業種様態で、具体的はキリンビールや霧島酒造さんから仕入れて、市内のスーバー、酒屋さん、コンビニエンスに卸す仕事をしております。社員は一人あたり、20店~30店ぐらいの担当をもって、そこで注文をもらって納品するという。セールスドライバーの仕事が主だった営…
[続きを読む] (2013年10月21日 掲載)


Rucleコンテンツ